So-net無料ブログ作成
検索選択
作ったものたち ブログトップ
前の10件 | -

毛糸の後始末 [作ったものたち]

単純作業が結構好きです。
編み物だと、最後編み上がってから
糸を変えたところの糸の始末をちまちまとするのが
結構楽しみだったりします。

DSCF2483.jpg
編み上がったものを裏返して

DSCF2487.jpg
糸はしを、毛糸針に通して

DSCF2484.jpg
適当にあちこちくぐらせます

DSCF2486.jpg
根っこで切れば、ほつれてきません

DSCF2491.jpg
出来上がり。

余り毛糸をかき集めて編んだものだと
たくさんこの作業が必要になるのですが、
糸の端をもぐりこませることで補強にもなるし、
きれいに始末されていくのが気持ち良いんですよね〜。

単純作業、料理では
海老の背わた取りとか、いんげんまめの筋取りとか。
縫い物では「地のし」のアイロンがけ作業が好き。
本作業は、そのためにするような感じ(だめじゃん)。

DSCF2488.jpg
ぎりぎりまで使ったけれど、少しだけ切り取って余ってしまった糸は
こうしてためておいて、ピンクッションなんかの
中身にします。捨てるところなしですね。


柚子の種のハンドローション [作ったものたち]

以前はあまり出来た事がなかった、あかぎれ。
ここ何年かは、もうビックリするほど
あっちこっちぱっかぱかと割れるんですよ。
指先が歌舞伎揚げみたいになっちゃう。

塗り薬やハンドクリームを塗っても
すぐに水仕事や食事の支度で取れてしまうので、
結局なかなか治りません。

ずうっと前に作った事のある、
柚子の種を使った化粧水
そうだ、あれなら日本酒に種を漬け込んだものだから
いいかも!

yuzu.jpg
小さい薬の空き瓶に、種と純米酒を入れるだけ

2、3日経つと、とろみのある液体になるのです。
不思議。
(結構有名なので、みなさんご存知かもですが)

この液体を、手にすりこみます。
最初はべたべたしますが、だんだんなじんできます。
傷が治るわけではないのですが、結構しっとりするので
便利に使っています。

で。これを作って
とうちゃんに見せたところ。

「なんかさ。(やってることが)おばあちゃんだよねえ

…と言われてしまいました(涙)
水分も少なくなるさ、この年齢になれば。ふーんだ。


毛糸のルームシューズ、その後 [作ったものたち]

ケロリエルにて、最近はまって作っている
毛糸のルームシューズをアップしたのですが、
その後これを作るのにはまってしまい、
作っては知り合いに配っています。

とりあえず、母とイモウトに送ったところ
「履いてみたよ〜!」と
まったく同じアングル写真が届きました。

shoes.jpg
イモウト

IMG_8218.jpg


…まあ、携帯撮影すればそうなりますが。
親子だなあと感心したのでした(笑)

いま、母とイモウトの
「替え」の分を編んでいます。
私も自分の分を2足作って、毎日履いていますが
すっごく暖かい。
足首部分を面倒で挫折したおかげ(?)で
出来上がったルームシューズですが
結果オーライということで。
(本当は靴下になるはずなんです)





赤いレースと白いレースのルームシューズ [作ったものたち]

DSCF1730.jpg

アメフラシシューズと一緒に作り進めていたのが
この正統派な感じのルームシューズ

ところが、
いろいろな角度から写真を撮ったはずなのに
どれもピンぼけ気味で使えるのがない…(涙)

実物は、アメフラシとともに
アイスペシャルさんに嫁に出してしまったので
手元にないんです。

まあ、全体が分かる写真が1枚あったので
良かったけれど…。

かかとの部分のレース編みは
今回も母制作です。
ところで、母は
イモウトとともに
先週インフルエンザにかかってしまったそうで
家にこもっていたそうですが、
もう大丈夫かな?

ウミウシ?アメフラシ?なルームシューズ [作ったものたち]

DSCF1734.jpg

先日まだ平面だった頃の写真をアップしましたが、
仕上がりました。やっと。

今回またしても
色と柄から、ウミウシっぽいというか
アメフラシっぽいというか…
(以前も、ウミウシっぽいバッグを作ったっけ)
変な動物っぽい感じになりまして。

アカハライモリとかウミウシとか、
この人の頭ってどうなっているのかしら??と
怪しまれそうですが
私は大真面目で作っております(笑)
本当ですよ〜。
だって最初は、星座がモチーフだったんですから…
(どこらへんから違ってしまったんだろう)

DSCF1736.jpg
最近、ドットの刺繍にはまっているのです

DSCF1733.jpg
かかとの紐は、ちょっと和風ですが色がキレイだったので




制作、再開 [作ったものたち]

今日からはもう12月。
少し暖かいから、腕のむくみ
多少少ない気がします。

クリスマスシーズンに向けて、
作りかけていたものたちがたくさんあるのです。
いい加減完成させなくちゃ。

DSCF1725.jpg
ルームシューズになる予定のものです

とはいえ、やっぱり10分針仕事して
5分休んで…というペース。

いらいらするう〜。
でも、手が動かなくなってしまってからでは遅いから
きちんと休みを入れなくては、なんです。

せっかちな性格は、こういう時に困ります(笑)


マイ箸袋を作ってみました [作ったものたち]

最近、売られているのを良く見かけますね。
布製の、箸袋。「マイ箸」ってやつですね。
よーく形状を覚えて帰って来たので、
いつもの通り、スーパーのチラシを
折ったり切ったりしながら型紙を作りました。
結構これが時間がかかったのですが…

後でネットで検索したら、
あちこちに紹介されていました(涙)
しかも、
「ああ、こんな簡単に出来るのねえ」
というくらい親切に説明されているところがいっぱい。

まあ、せっかく型紙とったので
それで作りました。

DSCF1715.jpg
うちにある、一番長い箸に合わせて作りました

DSCF1717.jpg
表は麻布、内側は木綿のプリントをはぎ合わせて

DSCF1719.jpg
小さなドットを刺繍しました

この刺繍の下絵なんですが、
実はこれで作ったものなんです。

DSCF1720.jpg
ダイレクトメールの宛名に穴を開けるためのパンチ

ちょうどいい間隔で、穴が並んでいたので…
刺繍糸も、50色セットをずいぶん前に買ってあったので
いろいろな色を使ってみたかったのです。

失敗だったこと。
縫い上がってから刺繍を思いついたので、
かなり刺繍は大変でした(笑)
相変わらず、計画性がない私…。


白ネコの肩掛けかばん [作ったものたち]

先日、怖くなってしまった下描きをアップしましたが、
刺繍も負けずに(?)怖く仕上がりました。

DSCF1710.jpg
うまく写真が撮れない…

DSCF1713.jpg
刺繍全体はこんなですが

DSCF1712.jpg
こわい

怪しい雰囲気全開!魔除けのようです(笑)
そういえば、ウチの近所にもいたんですよ。
左右目の色が違う野良猫ちゃんが。
最近見ないけれど…どうしているかしら。




刺繍の下絵描き [作ったものたち]

作品を置いて下さっている
アイスペシャルのNさんから、
「これに、なにか刺繍してくれませんか?」
と、肩掛けタイプの布バッグを預かりました。

黄土色の、ざっくりした布で出来ています。
これなら、白い線の刺繍でも大丈夫そう。

前から、左右色違いの目をもつ
白いネコを刺繍してみたいなあと思っていたのです。

…資料を見ながら、下絵を描いていて気がついたのですが。
すべてが我が家のネコとは正反対(笑)なんですね。

体が細い。
シッポが長い。
顔が逆三角形。
そして気品がある。(→これは飼い主の責任もあるけれど…ハハハ)

だからなのか、いまいち
可愛らしく描けないのです。
本物はすっごい繊細で、可愛らしいですけれどねえ。

image.jpg
どちらかというと、怖い

刺繍はまだ制作途中。
魔除けのような雰囲気の作品になりそうです(笑)


アラジンのポット風 ペットボトルケース [作ったものたち]

DSCF1662.jpg

以前、まだ制作途中の写真をのせましたが
無事に完成しました。
(あんまり変わっていませんけれども)

500ミリリットル入りペットボトル用の入れ物です。
夏の間は、出かける時に
麦茶を入れたペットボトルを持ち歩きました。

DSCF1661.jpg
ヴィッテルの入れ物に、麦茶を。
外国ミネラルウォーターの入れ物は、口が広くて飲みやすいものが多いですね。

アラジン魔法瓶風の布があったので、
シャレのつもりで魔法瓶を刺繍してみました。
チェックの部分はアップリケで。

自分で持ち歩いている入れ物が
もうボロボロなので、
もうひとつ新しいのが欲しいなあと思って
作り始めたのですが…
結構可愛く出来た(と、自分では思う)ので
これは嫁に出そうと思います。


前の10件 | - 作ったものたち ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。