So-net無料ブログ作成
検索選択
乳がん関係 ブログトップ
前の10件 | -

待ちに待った、5年目 [乳がん関係]

がんの治療は、5年が一区切りと言われてきました。

今年の11月で、手術してから丸5年。
長かったような、あっという間だったような。

女性ホルモン止めるための薬も、
今手元にある分でとりあえず終了してよいとのことです。

とはいえ、完全に治った!という訳ではないので
これからも定期的に検診は受けなくてはいけないし、
切った側の腕のむくみはもう治らないし、
薬が終わるという事は、女性ホルモンが普通に出るようになるので
がんになるリスクも元に戻るということになります。

でもね。とにかく5年目に
こうしてわりあい元気に生きていられる事を喜ばなくては。
明日からの事は、明日になったら考えよう。

ちょうど、このブログにつながる前身の
ときどき日記 リターンズ
の更新(というか、古い記事をアップし直し)していたのですが
入院が決まったところまで来ました。
ちょうど5年前の今ということになります。

なんか不思議。
アカハラさんを飼い始めたのもこの時期です。
写真に写り込んでいるケイタイも、
まだ古い形のものです。

当時は、いろいろな方たちに励まされ
その後もたくさんお世話になりました。
みなさん、どうもありがとうございました!
当時いただいたコメントは、大切に保管してあります。

これからも、どうぞよろしく!
元気な限りは、ブログ続けられる…といいなあ。
(元気以前に、性格の問題ですね)

ささみ、って [乳がん関係]

ほねシンチ、もとい、こつシンチ。
異常なしでした〜。

それと、もうひとつ気がかりだったことが。

一ヶ月くらい前から
手術した方の腕(肘のあたり)が痛くて、
近所の接骨院に通ったりしたのですが
いっこうに治らなくて、
今回いつもの外科の先生に相談したのです。
もしもなにか癌から来ていたりしないのか?と。

先生も、外科とはいえ
こういう症状の専門ではないのですが、
それは丁寧に説明してくださりました。
その中で、腕の筋肉の部分を差して、

「うーん、まあ、例えれば 『ささみ』 ですわな」

ささみ。

冷静に考えれば、そんっなに面白い事ではないのですが、
『ささみ』の一言で
私のスイッチがオンになってしまい、
笑いが止まらなくなってしまったのです。
つられて先生も。

…なんの診察なんだろうと、外で待っている人は思ったでしょうねえ(笑)

まあ、その後の検診の予約を入れて、処方箋も出してもらって
なごやかに病院の用事は済みました。

ささみかあ〜。

腕の痛みは癌とは関係ないとのことなので、
今度は整形外科へ行ってみなくては。


ほねしんち?? [乳がん関係]

一年に一度、骨に転移していないかどうかを
調べる検査をしています。

骨シンチグラム、という検査。

いつも先生が「骨の検査」と言っていたので、
特に読み方もなにも気にしていませんでした。

初めて受けてから早5年目。
今年も受けてきましたよ。

そして、5年目にして知った事が。

3ヶ月前に、この検査の予約を入れた時の
先生との会話。

先生「じゃあ、次は骨の検査ですね」
私「ああ、次はほねシンチでしたよね??」

先生「…?…ああ、こつシンチね(笑)」

こつ、シンチでしたかあああ(涙)

正しい読みも分からないまま過ごした私の5年間って…。
うーむ。

結果は2週間後。
何もないといいな、「こつ」シンチ。

約5年ぶりのお客様 [乳がん関係]

お客様と言っても、人ではありません。

乳がんの治療後、女性ホルモン抑える治療を
続けているので、そのため
かれこれ4年半ほど
生理がなかったのです。

以前ここに書いた事があるのですが、
薬の服用で子宮がかなり収縮しているため
もしかしたらこのままもう
生理は来ないかも…、と婦人科で診断されたので
ほとんど頭からは生理の事は
消えていたのですよ。

だから、最初は
「…不正出血?!まさか、子宮筋腫や子宮癌では?!」
…と、ホンキで驚いてしまいました。

これはどう見ても生理だなと
思えるまでは2、3日かかりましたから。

ちょうど来月は、半年に一度の
子宮がん検診の予約をしてあるのです。
その時に、詳しく診てもらう予定なので
(しかも、これからコンスタントに来るのかも謎だし)
それが終わらないとなんとも言えませんが。

しかし、久しぶりで
何が困ったって、生理用品の買い置きがないことと
持ち歩く入れ物(ポーチとか)がないことでした。

まあ、生理が再開したとして、
どちらにしても必要なので
せっかくだから可愛いポーチでも作るか…(笑)

DSCF2557.jpg
出来上がりは、ケロリエルにて。



検査の結果 [乳がん関係]

先週受けた、骨シンチと
採血の結果。

今回も無事パス出来ました〜(涙)
いやあ一安心です。

今回は初めて血液検査で
いわゆる普通の項目
コレステロールとか、生活習慣病関連)
も調べてもらったのです。

3連休後で、結構食生活もいつもより
乱れていたからなあ。こりゃあもしかして…

と、思っていたら。
こちらも数値的にはクリアでした。

ほんの1カ所、少しだけ数値が高かったのですが
善玉コレステロールの値なので
全くこの数値なら問題ないんだそうです。

実は2年前に
ここの家に越してきてからは、
コンビニがとても近くにあるので、
以前よりお菓子とかアイスとか食べる回数が
すごーく増えてしまいまして。
ちょっと心配だったんですよね。

それと、そろそろ半年に1度だった検査なども
1年に1度ペースで大丈夫だろうと
先生が言ってくれたのも嬉しかった。
「やっとここまで来ましたねえ」
と言われて。

今年で4年め。早いような、長かったような。
飲み薬があと1年。

こんなに元気になったのに、
今あちこちで見かける
ピンクリボン運動」。
…未だに、つらいんです、あれ。
思い出しちゃうから。

芸能人の人たちなんかが
自分の病気を他人に
どれだけ大変か、
どれだけ早期発見が大事かを伝えるため
参加している人が多いけれど。
私も本当はその立場に立たないといけないのだけれど。

まだ、自分に余裕がないんです。
心がせまいな…と反省。

だけど、本当に検診は大事なんです。
こんな形でしか、私には伝えることが出来ないけれど。

とりあえず次は、CTとマンモグラフィと超音波検査。
それも年を越してからです。
ふー。



病院で検査の日 [乳がん関係]

まだまだ先だなあ、と検査や検診を
予約した時には思うのだけど、
3ヶ月って意外と巡ってくるのが
早く感じるのです。

今回は、「骨シンチ」という検査と採血。
流れとしては

朝、骨に集まってきれいに映し出す役割をする薬を注射

採血

朝の注射の2時間ほど後、骨を撮影(20分くらい)

おつかれさまでした

…こんな流れです。

朝いちで、注射。
これだけでもう顔面蒼白ですよ。
だってね。いったいんです。この注射。
前回はしばらく立ち上がれなかったもんなあ。

今回も覚悟して、頭の中で
toi toi toi がーんばーれ きっときっとだいじょうぶ♪
がーんばーれ、わーたし♪ひとつずつ〜乗り越える〜♪

と、がんばれソングのめちゃめちゃなメドレーを
頭の中で必死で歌いながら
ぐぐっと針が刺さるのを我慢したら…

お!今回はそんなに痛くない!やったあ!!

…と思った瞬間。

針を抜く時に、

うぎゃあああああ

と叫ぶほどの激痛が…


10分ほど、待合室で固まっておりました(涙)

その後の採血も、
おなじ針穴からは血管が出てこなかったため
ここから採ってもらいました。

ude.jpg
手の甲よりはマシか…

そして最後の骨の撮影のとき。
先程の注射の様子を見ていた先生が
「注射、苦手なんですねえ」
と話しかけてくれたので
「…ええ、もう大人なのにねえ、恥ずかしいですよ」
と返したら、
「いやあ、僕も未だにダメなんですよ。患者さんに注射するのは
大丈夫なんですけどね〜。自分の時はもう真っ青になりますよ」
と言ってくれました。

おかげで、ちょっと緊張もほぐれました。
ここの病院は、丁寧な対応をしてくれる方が多いんです。

さあ。結果は1週間後。
そして、約3ヶ月後には今度は
マンモグラフィーと超音波
あ、その前に婦人科で子宮がん検診…(涙)

また、あっという間に来ちゃうんだろうな。
痛い検査ばっかりで、嫌になっちゃいます。




検査結果 [乳がん関係]

子宮がん検診の結果、
先週の金曜日に出ました。

いちおう、異常なし!
よかった〜。

で、半年に一度の割合で検査を受けたいので
(今服用している薬は、子宮がんのリスクが少し上がってしまうようなので)
次の予約を入れようと
先生に頼みました。
いつも、その場で予約を入れられるので。

私「半年後くらいに、また受けたいんですけれど…」
先生「え?半年後って、予約出来るんですか??」

…え??

どうも、3ヶ月ごとに交代する
非常勤の先生なんだそうで。だから、あんまり
ここのシステムも知らないのでしょうね。

「半年後だと、僕が検査出来ませんけれど…いいですか?」

…はいはい、いいですよ〜誰でも(笑)。

そういえば毎回違う先生がいるのよね。
とにかく、次は12月。
大きい検査は、
また年末にまとめて
受けなければならないんだわ。

まあしばらくは何もないので安心♪



子宮がん検診受けてきました [乳がん関係]

まったく、今まで私の人生の中で何回、
深さを確認しないで崖を飛び越え、
飛び越えた後にその崖の深さに
ビックリしてきたでしょうか。

…なんて、不思議なたとえですが。

今日、半年に一度受けている
子宮がん検診だったんです。

今年1月に、注射が終わったので
外科の先生は
「もしかしたら生理が来るかもしれません」
女性ホルモン抑える薬が減るので…まあ個人差はありますが)
と言われました。

注射の効き目は3ヶ月なので、もうそろそろ?
と思っていたのですが、気配なし。

今日は婦人科だったので
どうなんでしょう?と聞いてみたところ。

「3年間の注射で、だいぶ子宮も卵巣もダメージを受けているので、
年齢からして、もしかしたらこのまま閉経するかもしれませんね」

…だそうです。
へええ。そうかあ。



…ちょっとショックだけど…。
(生理がくれば、少し体調が楽になるかと期待してたので)




私はこの先子供を持つ予定はなかったけれど、
私と同じくらいの年齢で、
同じ治療を受けている人で
治ったら子供が欲しいと思っている人は
こうなるかもしれないことを
知っているんだろうか?

って、きっとそういう人は
注射を始める前に先生に確認してから
治療を始めるだろうなあ。

全摘出手術にしても、ホルモン治療にしても
あまりに早く決定しすぎたのかしら。
まさに崖を飛び越してから、
「うわーこんなにつらい治療だったかあ〜(汗)」
と思っていたので。
まあ、今更ですけどね。

とはいえ、飲み薬だけの治療はあと1年。
その後、女性ホルモンがどのくらい復活するか
まだ分からないからなあ。

うん、それまでの我慢と思うことにしよう。
いい方にころぶかもしれないもんね。
(こういう楽天的なアタマがいけないのかも)

本命の検査の結果は、2週間後に出ます。



CTと採血の結果 [乳がん関係]

先日大変な目にあった
CT検査と採血の結果を聞くため、
今日病院へ行ってきました。

結果は、クリアです。
いやあ、痛い目には会ったけれど
なんともなくてよかったです。

こういう大きな検査、次はもう
ずっと先の秋でいいそうです。
(来月は婦人科で子宮がん検診がありますが)

いやー、今まで病院へ行く時には
何かしら注射があったので、
今回は気楽でした♪

これからは、飲み薬をもらうために
3ヶ月に一度、通うことになります。

ただ、最近春めいてきたため、
気温差にちょっとついていけなくて
ほてり、のぼせがひどいんですよね。
ホルモンバランスが崩れていることには
変わりがないので…。

今日は病院の日 [乳がん関係]

3ヶ月に1度の注射は終わりましたが、
一年に一度はいろいろな検査を受けます。
今日は、CTと採血。

通院は3ヶ月に一度、薬をもらいにいくだけに
なった…のはいいけれど、
代わりに採血があります。
注射には、変わりないってことなんだわね(涙)。

今日は対策として、ホッカイロ手のひらを温めて
おきました。失敗されたくない一心で…

そうしたら、意外とすんなり血が採れたのです。
採血をしてくれた先生は
「あらー、うーん、これはむずかしいわねえ」
とか言いながらも、上手に針を刺してくれたようでした。
手のひらを温めておいたのも、よかったみたい。ほめられました。

私「この後、CTで造影剤使うんです」
先生「そうですか、この分ならうまく行きますよ、大丈夫!」
私「わあ、良かったあ」
先生「血管が良く出ていますから、同じところから造影剤使えますよ」

…期待した私が馬鹿だった。

新米らしき技師の方がふたり、
針が刺さってもなぜか痛みがとれず
うおおおおおと苦しむ私を見て
完全にあたふたしています。

「あ、あれ、刺したところ少し腫れてる?!」
「でも、逆流してないし…」
「とにかく、先生呼んでこなくちゃ!」

…と、二人揃って走って隣の部屋へ消えました。
いやー、怖かった(涙)。まさか取り残されるとは…。

結局、違う場所(これが腕の側面で、いたいんだよなあ)に
先生が針を刺し直し、なんとか終わりました。
新米さんらしき女の子はひたすら
「すみません、すみません」とあやまってくれましたが。
怒るにも怒れないし。
みんな通る道なんだろうなあ、やっかいな患者さんって(笑)

それにしても、帰ってきてからも
針を刺したところが痛くて痛くて。

なんで、毎回なにかしら注射関係はうまくいかないんだろう…うう。



前の10件 | - 乳がん関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。